仕事

ビジネスマナーの基本を身につけよう!お茶の淹れ方・出し方編

最近は給茶器やコーヒーマシンなどを設置し、担当者自らがお茶を出す会社も増えてきました。しかし大事な会議や会社にとって重要なお客様が訪問されたときなど、いつお茶を出さなければならない状況になるかは分かりません。

ビジネスマナーとしてもお茶の淹れ方や出し方は重要ですが、プライベートでもお客様がいらっしゃった時には役立ちますよ。

おすすめ転職サイト
  • おすすめ1:ミイダス
    市場価値診断をして適切な転職先を見つけよう!

日本茶の美味しい淹れ方

ぴよちゃん
ぴよちゃん
お茶出しは業務の手を止めなければいけないからちょっと面倒くさい・・・。

しかしお茶出しのときにお客様が顔を覚えてくれたり、そこから会話が始まることもあります。丁寧なお茶出しによって上司が評価してくれることも。小さな気遣いが次に繋がることもあるので積極的に行いましょう。

1.お茶を淹れる準備

お客様の人数を数え、必要な数の茶碗と茶托、それらを乗せるお盆を用意します。そのときに茶碗や茶托が綺麗かどうか確認をします。

沸騰したお湯を茶碗の8分目程度を目安に注いで器を温めます。

お湯の最適な温度
  • 煎茶・・・80℃前後(高価なものは70℃、安価のものは80〜90℃が適温)
  • 玉露・・・60℃
  • ほうじ茶・・・沸騰したお湯を急須に直接入れます。

ほとんどの会社でお客様用に用意されているお茶は煎茶だと思います。玉露を用意されている会社もあるかもしれませんが、ほうじ茶や番茶はお客様へ出すにはカジュアルすぎて失礼にあたるので気をつけましょう。

また電気ポットでお湯の温度が70℃や80℃くらいに設定されている場合には、茶碗を温めた後にそのお湯は捨て、ポットから直接急須にお湯を入れても大丈夫です。

2.茶葉を蒸らす

急須に茶葉を入れます。茶葉の量は1人あたり2〜3g。だいたいティースプーン1杯です。茶碗に注いだお湯が適切な温度になったら、茶碗のお湯を急須の中に入れます。

お湯を注いだ急須は蓋をして茶葉を濡らします。

最適な蒸らし時間
  • 煎茶・・・約30秒
  • 玉露・・・約2分
  • ほうじ茶・・・約20〜30秒

3.全員分が均一の濃さになるように注ぐ

一人分ずつまとめて注がずに、淹れたお茶の濃さが全て同じになるように少しずつ注ぎます。

お茶は茶碗の7分目程度注ぎ、急須の中に入っているお茶は全て注ぎ切ります。

茶碗にお茶を注いだら、茶碗についた水滴を綺麗な布巾でぬぐい、お盆の上に並べます。運ぶ途中にお茶がこぼれることもあるので、上のイラストのように茶碗を茶托の上にはのせず別々に運びます。

お茶を出すときの手順

ぴよちゃん
ぴよちゃん
淹れ方は分かったよ!じゃあ実際にお茶を出すときは、どういう手順で出したら良いの?

1.お茶の運び方

お盆の上にお茶を淹れた茶碗と人数分の茶托、清潔な布巾を乗せて運びます。

マナーとしてお茶に自分の息や髪の毛が入らないように気をつけますが、お盆を胸よりも少し下の位置にして運ぶと入りにくくなります。

左手(利き手とは逆の手)で運ぶようにしておくと、ノックをするとき、ドアを開けるときに動きやすくなります。

2.入室

ドアを3回ノックし、「失礼いたします」と会釈をして入室します。ドアを閉める時にはお客様にお尻を向けてしまわないように気をつけましょう。

サイドテーブルがあればサイドテーブルの上で、ないときはテーブルの下座側(入り口に一番近いところ)で、茶托の上に茶碗を乗せてお茶を出す準備をします。茶碗が濡れていたら、持ってきた布巾で水滴をぬぐいます。

テーブルの上で準備ができない場合は、そのままお盆の上で準備をします。

茶碗が濡れたままだと茶碗に茶托がひっついてしまうことがあるので、お客様がお茶を飲むときに危険です。

3.お茶を出す

お茶を出す順番はお客様→社内の人です。複数人いる場合にはお客様の中でも上座に座っている人から順に出していきます。ランダムな席順で着席されていることもありますが、その場合も基本的には席次順で大丈夫です。お相手の役職を知っている場合には役職順で出します。お客様の分を出し終えたら社内の人の分を出しますが、その時も役職順で出すようにします。

お茶を出すときは相手の後ろに回り、できる限り右側からお出しします。小声で「どうぞ」「失礼します」と言いながら出しますが、会議中などで話し込まれている場合には何も言わずに目配せをして置いていきます。

茶碗の向き

  • 茶碗に柄がない/全体的に柄が入っているもの・・・向きは関係ない
  • 茶碗の外側に1ヶ所だけ柄が入っているもの・・・お客様が見て正面に絵柄が見えるように置く
  • 茶碗の内側に1ヶ所だけ柄が入っているもの・・・お客様が見て正面に絵柄が見えるように置く

後方に回ることや右側から出すことができない場合

部屋が狭いなどの理由でお客様の後方に回ることができない場合は、無理をせずに一言断りをいれて前からお茶を出します。右側から出せないときも同様です。

  • 「前から失礼します」
  • 「左側から失礼します」

お茶を出す場所が狭い場合

打ち合わせ中にお茶を出しに行くと、資料でテーブルの上があふれている時もあります。そのようなときは「失礼します」と断りを入れてお茶を置く場所を作った上でお茶を出していきます。

中にはお茶を回してくれるような気遣いをしてくれる方もいます。そんなときはその好意に甘えて配ってもらいましょう。

4.退室

お茶を出し終えたらドアの前で「失礼いたします」と一礼したのち退室します。お盆は表側を外側にし、自分の左脇に抱えるようにして持ちましょう。

話しの邪魔になるようなときには静かに一礼して退出します。

ドアの開け閉めは静かに行い、バタバタと足音を立てたり、外に出てすぐに大声で話したりするのはNGです。

お茶以外の飲み物を出す場合

夏は冷たい飲み物を出す会社が増えますし、緑茶ではなくコーヒーや紅茶を出す場合もあります。お茶以外の飲み物をお出しする場合のビジネスマナーも一緒に覚えておきましょう。

冷たい飲み物

冷たい飲み物を出す場合、容器はグラス、茶托ではなくコースターを用意します。水滴でテーブルの上に出している書類等が濡れてダメになってしまわないように必ずコースターを使うようにしましょう。

お出しする際にはコースターを先にテーブルの上に置き、その上にグラスを置きます。熱いお茶を出すときのように、コースターとグラスを一緒に出すのはマナー違反です。

コーヒーや紅茶

コーヒーや紅茶は好き嫌いが分かれるので、基本的に指示があった際に淹れるようにします。

コーヒーまたは紅茶を注いだカップと人数分のソーサー、ティースプーン、砂糖、ミルクをお盆の上に乗せて持っていきます。スプーンなどがありますが、通常のお茶出しと手順は同じです。

ポイント

カップに淹れるコーヒーや紅茶の量は8分目が目安です。こぼれてしまうのでなみなみに注がないようにしましょう。

入室後、ソーサーの上にカップの持ち手が右にくるようにして乗せます。ティースプーンは手前に柄が右にくるようにします。

砂糖やミルクは小皿などにまとめて入れ、テーブルの真ん中に置いて各自自由にとってもらっても構いません。ソーサーの上に置く場合には手前側に置きます。

2杯目を出す場合

会議や打ち合わせ等が長引き、最初にお茶出しをして1時間以上経過してしまっている場合には2杯目を用意します。

その際1杯目とは違うもの(1杯目お茶→2杯目コーヒーにする など)を出すようにします。2杯目を出すタイミングで1杯目のお皿は全てお下げします。

まとめ

今回はお客様へのお茶の淹れ方・出し方についてのビジネスマナーを書いてみました。

お茶出しで大切なのは「おもてなし」の気持ちです。お客様を不愉快な気持ちにさせないよう、丁寧にお茶を出すように気をつけましょう。臨機応変に対応しなくてはならないこともありますが、基本を抑え、失礼のない対応を心がけていれば大丈夫です。

たかがお茶出し、されどお茶出し。見ている人は見ています。お茶出しも仕事の一つだと理解して行動しましょう。

 

\ランキングサイトに参加しています/
ブログランキング・にほんブログ村へ