仕事

【厳選】「転職したい」そう考えている人におすすめしたい本5選

「転職をするべきか」、「転職をせずにこのまま会社に残って働くべきか」、働いていると誰しも1度は考えてしまうことがあるのではないでしょうか。

転職するとしても果たして今がそのタイミングなのか、転職をするとしてもどのようにしたら良いのか。人生が大きく変わってしまう転職だからこそ、不安を抱いている人も多いでしょう。

人に相談してアドバイスをもらうにしても、結局は自分で全てを決めなければなりません。

そんな悩みに直面したとき、本を読んでみてはどうでしょうか?本の中には転職に有益な情報や悩みを解決する鍵がありますよ。

おすすめの転職サイト
  • おすすめ1:ミイダス
    市場価値診断をして適切な転職先を見つけよう!

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

転職を考えている人・考えていない人、とにかく全員に読んでほしい一冊。

正直この本を読んで目から鱗、という感じでした。転職に必要なのは「情報」でも「スキル」でもなく思考法ということを作者である北野氏は書かれていますが、その発想を持っている人は極めて少数ではないでしょうか?

ドラマ仕立てになっているので、普段ビジネス書を読まない人でもスラスラと読みやすいと思います。

どちらかというといまだに転職に対してはネガティブな印象が強いですし、ネガティブな原因から転職を考える人が多いと思います。しかしこの本を読むと転職に対する考え方、仕事に対する考え方が一気に変わります。

  • 市場を見て働くことの重要性
  • 伸びる企業の見極め方
  • 転職をする上での考え方
  • 中途で入るべき会社と新卒で入るべき会社の違い

また今転職をしなくとも、転職ができる状態にしておくべき重要性についても書かれています。転職を考えている人だけでなく、働いている人に勧めたい良書です。

市場価値はどのくらい?自分の市場価値を把握しよう!転職活動をしていると市場価値という言葉をよく目にするようになります。自分の市場価値を理解して転職活動を行っていくことが、転職活動を成功させるカギになります。...

転職に向いている人 転職してはいけない人

転職しようかな?どうしようかな?と迷っている人に読んでほしい一冊。

この本は転職をするかしないか迷っている人に是非読んでもらいたい本。

人に相談しても、人生を大きく変える転職について、明確に答えてくれる人はあまりいません。転職に関する本を読んでも転職を勧めてくるものが多く、本当に転職して良いのだろうか・・・と逆に悩んでしまうこともあるのですが、転職に向いている人転職してはいけない人ではむやみに転職を勧めることなく自分がどうすべきか考えることができます。

元リクナビNEXTの編集長が著者なだけあって実例も挟んであり分かりやすく、年代ごとの転職の仕方や自己分析の重要性が記載されています。

大手企業への転職ならdoda

どこでも誰とでも働ける

これからの働き方や、転職をすることに対して迷っている人におすすめの本。

まず注目してほしい点がサブタイトルである、『12の会社で学んだ“これから”の仕事と転職のルール』という一文。

12の会社。つまり著者である尾原氏はこの本を執筆するまでに11回転職し、12社経験したということ。以前と比べると転職を経験する人が増えてきたとはいえ、12社も転々とした人は珍しいのではないでしょうか?

  1. どこでも誰とでも働ける仕事術
  2. 人生100年時代の転職哲学
  3. AI時代に通用する働き方のヒント

どこでも誰とでも働けるは大きく分けてこの3つの内容で構成されています。

自分からギブすることに加えて、ぼくが12回の転職を通じて身につけたインターネット時代にふさわしい働き方とは、頭でっかちになるよりも、まず行動したほうがたいてい勝つということです。

Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)

このPDCAサイクルが重要だと教わっていた私にとって、この一文は衝撃でした。とにかく行動行動行動・・・と書かれているのです。

転職のことも十分考えさせられますが、これからの働き方や仕事術などためになる一冊でした。

面接官の心を操れ! 無敵の就職心理戦略

面接に不安を抱えている人におすすめしたい一冊。

メディアでも有名なメンタリストのDaiGo氏の面接官の心を操れ! 無敵の就職心理戦略には、面接が上達するためには具体的にどのようにしたら良いのか、自身の経験などをもとに書かれています。

  1. 後悔しない就活&仕事選びとは?
  2. 好感度はつくれる
  3. 人生は一日で変えられる

以上の三部構成で成り立っており、「好感度」の重要性が書かれています。

「好感度」については面接だけではなく、生きていく上で、仕事をしていく上でも重要です。この本で学んだことは、実践すれば面接だけでなく幅広く役立つものになると思います。

「転職活動がうまくいかない」「いつも面接で落とされてしまう」

そんな悩みを持っている人は本当におすすめですので、ぜひ読んでみてください。

大手企業への転職ならdoda

転職1年目の仕事術

転職しよう!と決断した人、これから転職する人におすすめの本。

転職活動をして内定を貰えたら終わり?

いいえ、違います。

転職は転職先でうまくやっていくことができて、初めて成功したと言えます。

転職1年目の仕事術はまさに転職をする人にとっての教科書とも言える一冊。転職を意識し、転職先に入社する予定のある人には1度で良いので目を通してほしいです。

  • フルネームで名乗る
  • 会議は始まる10分前に席につく
  • 早く歩く癖をつける
  • 視野に入った人には自分からすすんで挨拶をする など

上記をはじめとする45項目の仕事術が書いてあります。こんなの当たり前だ、と思う項目ももしかするとあるかもしれませんが、それを自分が実践できているのか振り返ってみるためにも良い本です。

まとめ

転職活動は人に相談することが難しく、また自分で考えるにしても人生を大きく左右するためなかなか決断することができずに思い悩んでしまうこともあります。

また、自分にとって「転職すること」が必ずしも最善ではないかもしれません。

この五冊は転職を考えている人、転職活動中の人に是非読んでみてほしい本です。転職を考えていない人でも、社会人なら役に立つような興味深い内容のものばかり。視野が広がり思考が変わるかもしれませんし、不安を解消してくれるような本だと私は思っています。

少し読書の時間を確保して、自分がどうしたいのか、将来どうありたいのか考えてみましょう。

 

 

\ランキングサイトに参加しています/
ブログランキング・にほんブログ村へ