転職

【面接官経験者が語る】転職面接のとき髪の毛は黒染めすべき?

新卒の就職活動では黒染めすべきというのが一般的ですが、転職活動ではどうなの?と気になる人も多いのではないでしょうか?

私は中途採用の面接担当をしていたのですが、その時の経験を元に転職活動では黒染めすべきか否か、疑問に答えていきます!

おすすめの転職サイト
  • リクナビNEXT
    求人数業界トップクラス!まずは登録すべき転職サイト
  • ミイダス
    市場価値診断をして適切な転職先を見つけよう!

転職活動で黒染めはすべき?

正直、男女差・社風によって異なる!というのが私の回答です。

社風や職種による違い

社風や業種・職種、面接官によって茶髪がOKかNGか違ってきます。

私が面接官をしていた時は、営業職の面接では茶髪だと不採用になりがちですが、事務職の面接では茶髪でもあまり関係ありませんでした。

営業職の場合

お客様と直接お話して信頼を得なければならない営業職。人の印象は第一印象で決まってしまう部分があるので、パッと見た第一印象を重視していた面があります。

茶髪でもその明るさによりますが、黒髪と比べ浮ついた印象を与えてしまいます。

事務職の場合

反対に事務職は直接お客様と対面する機会がほとんどありません。第一印象以上に事務処理がきちんとできるか、電話対応に問題がない言葉遣いかどうかなどに重点を置いてチェックします。

求人サイトに社内の写真が掲載されているので、茶髪の人がいるかいないかをチェックしてみましょう。黒髪の人ばかりの場合は黒染めをして面接に出向いた方が安心です。

茶髪の明るさによる違い

茶髪は茶髪でも、明るさによって合否に影響が出ることもあります。

あまりに明るい茶色だと悪目立ちしてしまいますが、こげ茶くらいの茶髪だとそこまで気にしない面接官が多いので、一度自分の髪の毛の色がどのくらいなのか自然光の下で確認してみましょう。

髪の毛のトーン
  • 5が黒染めをしたくらいの暗さ
  • 7が暗いけどちょっと明るいくらい
  • 9になると暗さは感じず明るい印象
  • 13以上になるとかなり明るい髪色

転職活動をするのであれば会社にもよりますが、9以上の明るさになると悪目立ちしてしまいます。

男女による違い

男女平等と言えど、女性の茶髪には甘く、男性の茶髪には厳しい風潮はあります。

割合的に男性が茶髪で転職面接を受けに来るのも1割程度(・・・もしくはそれ以下)しかいない、ということも要因かもしれません。女性に比べ、男性の茶髪というのは本当に少なく、そのためこげ茶程度の茶髪でも悪目立ちする傾向にあります。

大手企業への転職ならdoda

髪の毛の色よりも大事なこと

人の印象は第一印象で決まってしまうので、髪の毛の色も重要です。しかし髪の毛の色以上に面接官が注目していることがあるので、面接の際には気をつけましょう。

清潔感があるかどうか

清潔感は本当に重要なので、このブログでも何度も繰り返し言っています。

髪の毛は社内の規則に反していた場合染め直してもらえば良いだけの話ですが、清潔感に至っては違います。

清潔感は普段の生活が見えてくる部分があり、「重要な面接という場で清潔感がない」ということは採用後も清潔感がないということが考えられるのです。

  • ヒゲを剃っていない
  • 寝癖がついたまま
  • 髪の毛が伸びっぱなし
  • スーツのサイズが合っていない
  • スーツやワイシャツにシワが汚れがある
  • ワイシャツの裾が入っていないなど、だらしない
  • ロングヘアで髪の毛を束ねていない
  • 化粧が汚い
  • 爪が汚い・伸びっぱなし  など

普段の仕事でも人と関わる以上清潔感は重要ですが、面接はとくに初対面の日。少し早起きをして身だしなみを十分に整えて出かけましょう。

発言やマナーなど

もちろん第一印象だけでなく、その人の人となりであったり、ビジネスマナーが身についているかどうかもチェックしています。

新卒と違い、即戦力として期待している中途採用だからこそ、発言やビジネスマナーのチェックは厳しくなります。

年齢が若ければ今後の成長を期待してチェックが甘くなる部分もありますが、年齢を重ねれば重ねるほどそのチェックも厳しいものになりがち。

また明るくハキハキと受け応えをするだけでも印象は変わってくるので、声が小さな人や緊張で萎縮してしまう人は意識しながら話しましょう。

ビジネスマナーの基本を身につけよう!【言葉遣い・敬語編】社会人としてビジネスマナーは基本中の基本です。正しい言葉遣いや挨拶の仕方などを身につけ仕事や転職活動に役立てましょう。...

大手企業への転職ならdoda

黒髪かそうでないかは何度も繰り返すようですが、業種や職種、面接官によっても印象が違ってきます。心配であれば黒染めやダークカラーにして出向くのが無難でしょう。

ただし染めた髪の毛が伸び、プリン状態になっているのは清潔感がなく絶対にNGです。明るい色にしていると毛先の痛み具合が目立ち、汚い印象を与えてしまうのでその場合少し暗めの色にしてもらうのもおすすめですよ。

転職エージェントに相談するのもおすすめ!

一人で転職活動をしているといろいろと悩んでしまいがち・・・

転職エージェントは転職のプロ!いろいろと教えてもらって転職活動を成功させましょう!

リクルートエージェント
リクルートエージェントは大手の転職エージェントの中でも、保有する求人数が圧倒的に多く、その実績数も業界トップクラス
幅広い業界・職種の求人を持っているので、幅広い求職者に対応しています。
手厚い面接指導や職務経歴書の添削を行ってくれるだけではなく、直接企業との交渉も行ってくれるため内定や年収交渉も成功率が高いと評判です。
パソナキャリア
パソナキャリア は1993年から運営している大手転職エージェント会社。
サポートの質が高く丁寧だと口コミでも大人気!
とくに女性の転職に強いエージェントです。平日・土曜日は夜間の面談も対応してくれるので、働きながら転職活動を行っている方も大丈夫。
面談に行くと転職必勝ガイドをプレゼントしてもらえますよ!
doda
dodaは転職サイトと転職エージェントの両方のサービスを兼ね備えた、転職サービスです。
都心だけでなく地方の求人も持っているので、Iターン、Uターンを考えている人にもおすすめ。
非公開求人も多いので、転職活動をはじめたらひとまず登録されることをおすすめします!

\ランキングサイトに参加しています/
ブログランキング・にほんブログ村へ