就活

コネを使った就職とメリット・デメリット

ランキングサイトへ→にほんブログ村

 

コアくん
コアくん
ぼく、今度おじさんが勤めている会社に面接を受けにいくんだけど、コネ入社ってどう思う?
ペンペン
ペンペン
そうだね、コネを使った就職はメリットもあればデメリットもあるから、両方を知ったうえで面接を受けることをおすすめするよ

コネを使うことのメリット

企業側が人材を採用するときに、信頼できる社員や役員からの紹介は人材の保証があるために、初めて出会った何の保証もない人を採用するよりも安心感があります。そのため縁故採用を行っている企業は少なくありません。

日本の上場企業のうち53%は同族企業ですし、家族経営の企業が役員を身内で固めていることが多いような気がします。

同族企業

トヨタ自動車、キャノン、YKK、タカラトミー、カシオ計算機、タニタ、スズキ、穴吹興産、竹中工務店、清水建設、スルガ銀行、名古屋銀行、岡三証券、小学館、講談社、新潮社、ベネッセコーポレーション、朝日新聞社、サントリーホールディングス、伊藤園、チョーヤ梅酒、キッコーマン、ヤマサ醬油、マルコメ、エスビー食品、森永製菓、江崎グリコ、ハウス食品、日清食品、エーザイ、ロート製薬、ポーラ、三菱鉛筆、サクラクレパス、エステー、サンスター、富士急行、MKグループ、サカイ引越センター、イオン、AOKIホールディングス、青山商事、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、ニトリ、ナフコ、モンテローザ、ソフトバンク、コナミ、サンリオ、シダックス、大塚商会、楽天、ダイナム など

企業側のメリット

企業側からするとコネを使った採用は、採用コストも大幅にカットされますし、簡単には辞めないだろうと考えられます。

採用コストや人件費というものは、実は皆さんが思っている以上に高額です。

求人広告1件掲載するのに最低でも10万円はかかります。検索ランクを上げる、掲載する写真の量を増やす…そんなことをしているうちにどんどん金額は高くなっていきますし、人事側の人件費もかかります。

こうして採用した人材を次は教育します。教育中も給料は発生しますのでこの段階では企業側にはマイナスでしかありません。やっと利益が出せるようになった時に転職されてしまったら、、企業側は本当にマイナスでしかなかったということになるので、辞めない人材というのは貴重なのです。

コネを使うことのデメリット

コネを持っていると就職に有利だ、という話はよく聞きます。特に有名企業へのコネは周りから少なからずうらやましがられることもあるでしょう。しかしコネを持っていない人からすれば不合理に感じてしまうことも…。

周りの社員からの反応

コネ入社は違法ではありませんし、会社のルールとしても違反ではない以上、コネ入社に対して周りは不満があったとしても何も言えません。しかしコネで入社してきた人材が、「仕事ができない」「サボってばかり」「口答えする」「わがまま」こんな調子だったらどうでしょうか?

職場では人間関係を円滑に!上手く人間関係を築いていくコツどんな職場であっても人間関係を円滑に築いておくことにこしたことはありません。転職理由として最多に挙げられるものは『人間関係』です。人間関係は円滑に、仕事がしやすい環境を作りましょう...

どのような「コネ」で入社してきたかにもよるでしょうが、自分の上司やもしかすると社長のコネにより入社してきた人だったら、文句を言うに言えず不満がたまっていく一方です。

そうすると人間関係はギスギスしてしまいます。しかしコネで入社してきた人は辞めたくても辞めれない…。すべてが悪循環に陥ってしまいます。

自分の能力や対人スキルに自信があればコネ入社というものはメリットが目立ちますが、そうでなければデメリットが目立ってしまいます。

コネ入社ということ

そもそも自分が望む企業へ就職できる程度のスキルを持ち合わせていればコネを利用する必要がないように思えますが、充分なスキルを持っていてもコネがなければ入社できないような企業も少なからず存在します。

その企業からの信頼がある人からの紹介によって、入社する人の人間性を保証してくれる=信頼できる人材の確保というコネの強みがあるからです。

信頼性という欠かせないポイント

通常企業側は、ハローワークや求人広告、エージェントなどを利用して新しい人材を募集します。その際に信頼できる人物なのか、そうでないのかを見分けるためには学歴や職歴、またその人への第一印象位しか材料がありません。

特に理由もないのに学校を中退していないか、どんな目的をもって大学や専門学校へ進学したのか、前職はどのくらいの期間働き、どんな理由で辞めたのか。言葉に嘘はないか、果たして本当に信頼できる人物なのか、面接官はその短い時間で判断しなければなりません。

出身校が一種のコネに?

知名度の高い学校を卒業していると比較的就職には有利に働きます。

その理由として、その出身校が一種のコネとなっているとされているからです。大企業ではいまだに出身校によって派閥があることがあり、出世にも影響を及ぼすこともあるようです。

おすすめの転職サイト

ビズリーチ
BIZREACH
転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】は会員制ハイクラスのヘッドハンティング型の転職サイトです。
一部有料会員のみのサービスもあるものの、高収入案件が他の転職サイトより多く年収UPしやすいというメリットがあります。
ビズリーチは転職サイトと転職エージェントが合わさったようなサービスで、有料会員になればヘッドハンターに相談することも可能です。年収1,000万円超えの案件も多く、今現在それなりのポジションで仕事をしている方はとくに登録を検討してみてください。
 
ミイダス
適性検査LP
ミイダスは市場価値から自分の本当のキャリアパスを見出すことができる新しい形の転職サイトです。
企業からのオファーは全て面接確約のものですし、自分の市場価値診断・分析ができるので、より自分にあった企業からオファーが届きます。
たくさんの転職データが公開されているので、自分と似たキャリアの人がどんな会社に転職できているのか知ることができます。
 

 

まとめ

人脈を生かした就職活動は有利に動くことが多く、さらに良い条件で動いてくれることが多いです。しかしその状況に甘んじるのではなく、自分を紹介してくれた人の評価や評判にも影響するため、人一倍仕事に取り組み成果を上げなければなりません。そこを頭に入れたうえで利用できるものは利用していきましょう。

 

\ランキングサイトに参加しています/
ブログランキング・にほんブログ村へ