転職

情報収集の方法と転職で失敗しないコツ

情報収集は転職活動の第一歩。希望する職種や企業への転職を成功させるためには情報収集が重要なカギとなります。

WEBだけではなく、その他の媒体も使いながら転職活動をしていきましょう。

おすすめの転職サイト

  • リクナビNEXT
    求人数業界トップクラス!まずは登録すべき転職サイト
  • ミイダス
    市場価値診断をして適切な転職先を見つけよう!

求人情報が掲載される場所

①インターネット

一番メジャーとなっているインターネットに掲載される求人広告。

  • リクナビNEXT やマイナビなどの民間企業が運営している求人情報サイト
  • 各企業のホームページに掲載されている求人情報
  • ハローワーク

②紙面での求人情報

フリーぺーパーはコンビニに行けば置いてありますし、近場で色々な職種や業種を探してみたい人はWEBで検索するよりも見やすいかもしれません。

  • フリーペーパー等の求人情報誌
  • 新聞に掲載されている求人情報
  • 求人情報の折込チラシ

③紹介型

最近では一般的になりつつあります。年収アップがしやすくなる傾向にありますが、経験値が必要となる場合が多いです。

④転職フェア

年に数回、求人情報サイト運営会社などの主催で大規模な転職フェア(イベント)が行われています。

合同説明会や書類選考なしで面談を受けることも可能なので、積極的に行ってみましょう。

転職フェアなどにはスーツで行きましょう!

納得のいく転職をするコツ

失敗しない転職活動を行っていくためには、ある程度気になる求人情報を集めた上で、自分の条件に合う企業を選択していきます。

転職活動は一期一会の部分もあるので、『この企業だ!』と思うものがあれば応募してみましょう。

掲載期間が決められていますし、その期間が延長するとも限りません。応募しようか悩んでいる間に他の人に決まっていることもあります。

特に条件が良いものはあっという間に決まってしまいますので倍率が高くなると思っていて下さい。

失敗しない就職・転職活動をするコツ

大手企業への転職ならdoda

求人情報を隅々まで読む

転職活動はその後の自分の人生を大きく左右します。そのため求人情報はその中身を隅々まで読み込みましょう。

例えば今まで勤めていた企業が年1回昇給があったから、それが当たり前だと思いこんでいたら転職先には昇給がなかった、土日祝日休みだと思っていたら祝日は休みじゃなかった、ということも。

入社後のトラブルを避けるためにも、求人情報はよく読み、思い込みで判断しないように心がけましょう。

中には入社してみたら掲載内容と条件が違った、なんてこともあります。応募した求人情報が掲載されているページは念のためコピーして保存しておきましょう。

おすすめできない求人

長い間求人情報を見ていると、年中求人を掲載している企業があります。

そのような企業は離職率が高い可能性が高く、何かしらの問題があると考えられます。

しかし見ているとそのような求人は高収入が見込める営業職であることが多く、とにかく稼ぎたいという人は応募してみても良いかもしれません。営業成績が良ければ月100万円以上もらえることもある反面、悪ければ基本給のみということも。そういうこともあり、営業成績が悪い人は退職してしまう傾向にあるようです。

口コミサイトは必ずチェック!

インターネットにある転職の口コミサイトを見てみましょう。

口コミサイトにはたくさんの情報が載っています。

「有給休暇が取りやすかった」「残業は多かったが残業代は正確に支給された」「サービス残業を強要された」「社内の雰囲気は良かった」

いろいろな口コミに目を通し、自分が入社しても続けていけそうか判断しましょう。情報収集をすることで失敗しない転職をすることができます。

大手企業への転職ならdoda

まとめ

求人情報の中身をよく読み、納得のいく条件の企業に転職することが後悔しない転職活動をするためには重要となります。

思い込みで条件を勘違いすることがないように気を付けてくださいね。

実際に私の知人は「年末年始とお盆休みがあると思っていたらなかった」「研修期間中に健康保険に加入してくれなかった」等、求人情報の見落としで後悔していました。

入社してから大きく後悔することがないように、事前に情報収集をしっかりと行いましょう。

 

 

\ランキングサイトに参加しています/
ブログランキング・にほんブログ村へ